Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Channel Catalog


Channel Description:

1993年式のメルセデスベンツ『W124』220Eリミテッド(350台限定)ノーティカブルーの”ブルメデ(BLUE MERCEDES)”と過ごす日常的な日々と、クルマ関係のイベント(ヒストリックカー&スーパーカー)・自動車趣味を写真中心で紹介するブログです。 また自然溢れる町田で家族を暮らす日々、ちょっとしたグルメ情報、日頃クルマの整備でお世話になっている”アシストさん”の記事も紹介していきます。 *コメントの代わりに「ナイスポチ」で皆様を応援させて頂いておりますので、何卒ご理解の程お願い致しますm(__)m
    0 0

    イメージ 1

    最近「メルセデスの記事が全然ないじゃん!」ということから、先日の『カー・マガジン ウィークエンド・ミーティング 2017 秋』で見かけた”素敵なメルセデス”たちを紹介させて頂きます・・・。

    イメージ 2

    ”220SEクーペ”は”MVCJ(メルセデスベンツ・ヴェテラン・クラブ・ジャパン)からのエントリーで、クラブバッジがフロントグリルに誇らしげに鎮座していました・・・。

    イメージ 3

    何でも12/9から公開の映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』の劇中に登場するそうで、スナップショットがフロントグラスに飾ってありました・・・。
    確かに冒頭に登場してました。~予告編~

    イメージ 4

    オーナー様はクルマの”ルーフトップ”と同じような、気品感じる”ハット”を被っている紳士でした・・・。

    イメージ 5

    帰り際の走っている姿も、気品漂う走る姿は”さすがはメルセデス!”と思わせるものでした・・・。

    イメージ 6
    イメージ 23
    イメージ 24

    もう1台クリーム色の”220SEカブリオレ”は、内外装とも”まるで新車”のようなビシっとした佇まいが素敵でした・・・。

    イメージ 25

    クーペ、カブリオレ共甲乙付け難い素晴らしい競演でした・・・。

    イメージ 7

    ”クラシックメルセデスたち”の中で、ステージから一番遠くにも関わらず物凄いオーラを放っていたのが”4台の190SL”でした・・・。

    イメージ 9
    イメージ 10
    イメージ 11
    イメージ 12

    広い会場なので”望遠レンズ”で各車撮影させて頂いたのが、各々風格を感じる佇まいが素敵でした・・・。

    イメージ 13

    ”300SL”譲りの大変贅沢な造りのコックピット・・・以前聞いた話では、バックミラー1個で○十万円という価格というから驚きです・・・。

    イメージ 14

    『190SL CLUB JAPAN』・・・”190SL"というと”ヤナセテック”のK所長さん、上星川のファクトリーでレストア風景を見せて頂いたことを思い出しました・・・。

    イメージ 8

    現行モデル”SLC”にはない”気品”を感じるディティール・・・いい眺めでした・・・。

    イメージ 15

    ”Sさん”の"R129 SL越しのW113 SL”・・・。

    イメージ 16

    フロントはスペースがなかったので、背後に回り込んで”バックシャン”を撮影・・・良く見ると”ドラフトストップ”が付いていたんですね・・・!?

    イメージ 17

    ”W111 300SE カブリオレ”・・・このクルマを見ると”ペネロペクルス”がドライブするシーンが登場するMV・『cloud9』がフラッシュバックしてしまいました・・・。

    イメージ 18

    "W108 280S”・・・”ポールブラック・デザインの”縦目”は最も美しいメルセデスのセダンだと思います・・・。

    イメージ 19

    こちらは以前熱海で拝見した”W114 200”・・・最小排気量モデル・・・。

    イメージ 20

    湘南ナンバーの”W201 190E”なのでもしや・・・!?と思いましたが・・・。

    イメージ 21

    年季の入った『model cars』のステッカー、そして『Go for 190E』は残念ながら現在は活動はされていないようでした・・・。

    イメージ 22

    最後は今年いろいろなイベントでお逢いする”AMG C43”・・・同じ陸自管轄なので、ついつい気になってしまいます・・・。

    『カー・マガジン ウィークエンド・ミーティング 2017 秋』もまだ紹介していない、希少な名車や”流し撮りショット”も多数残っていることに気が付きました・・・。
    ̾¼֡¦\¯\饷\å¯\«¡¼ - ¼֥֥���¼¤ˤۤó\֥���¼ ¼֥֥��� \á\륻\ǥ¹¡¦\٥ó\ĤØ
    よろしければ、上記のバナーを ポチッ! ポチッ!とお願い致します。

    0 0

    イメージ 1

    今朝は少し寝坊でスクランブル発進で代官山へ向かい”モーニングクルーズ”を見学した後は、いちょう並木の紅葉の進み具合をチェックしようと来てみたら・・・!?

    もう既に並木の半数以上のいちょうが見頃を迎えていたので”いちょうロケ”をしようと、駐車スペースを探していたら・・・”R107"が停まっていたので、すかさずその少し前に停めました・・・。

    ”R107"のオーナーさんも”いちょうロケ”をされていたので、”ブルメデ”が写り込まない位のスペースに停めて、自分もロケを始めました・・・。

    丁度太陽光線が差し込む絶好の場所だったようで、次から次へと”インスタ映えする画像”を撮影する人々が途切れず、なかなか思うように撮影できなかったのですが、粘って何とか”それらしいショット”が撮れました・・・。

    「いちょう並木ロケ2017」の詳細模様は追って紹介させて頂きます・・・。
    ̾¼֡¦\¯\饷\å¯\«¡¼ - ¼֥֥���¼¤ˤۤó\֥���¼ ¼֥֥��� \á\륻\ǥ¹¡¦\٥ó\ĤØ
    よろしければ、上記のバナーを ポチッ! ポチッ!とお願い致します

    0 0

    イメージ 1

    『東京モーターショー2017』本命の”メルセデスベンツ”、今やグループ会社となったFUSOコーナーをお届けさせて頂きます・・・。

    イメージ 6
    イメージ 2

    何といっても注目は”プロジェクト1”・・・まさかこんなに早い時期に東京で観れるとは思ってもみなかっただけに、いろんな角度から撮影しました・・・。

    イメージ 4

    ガソリン仕様の1.6リッターV6エンジンは、F1マシン搭載のものをほぼそのまま使い、90kW電動ターボチャージャー(F1でいうMGU-H)とエンジン回転をアシストする120kWモーター(同、MGU-K)を備えるハイブリッドターボ式パワーユニットです・・・。

    イメージ 3

    最高速度は約350km/hにとどまるものの、0-200km/h加速6秒は”ブガッティ・シロン”の6.5秒を凌駕するというから、驚きです・・・!? 2020年にはデリバリーされるそうで『世紀の対決』をこの目で是非観たいです・・・。

    イメージ 5

    その隣りには、今季既に”にコンストラクターズ・チャンピオン”を決めている”F1 W08 EQ Power+ ”のショーカー(走行不可)が並んで展示してありました・・・。

    イメージ 7

    昨年までのものと比べると、大きくなった前後ウイングに加え、横幅がワイドになったタイヤにリアカウル上部のシャークフィン、Tウイングなども装着されたバージョンでした・・・。

    イメージ 8

    更にマシンの脇には2016年のコンストラクターズチャンピオントロフィ(本物)が展示してありました・・・。やはりフェラーリが多いですね・・・!?

    イメージ 9

    この後”市販車ブース”へ移動しましたが、は人が群がり過ぎていたので・・・。

    イメージ 10
    イメージ 11

    展示車の傍らに立つ”メルセデスレディ”に視点を移しました・・・。

    イメージ 15
    イメージ 16
    イメージ 17

    ”EQ”はメルセデス・ベンツのEV専用ブランドで、「Concept EQA」はフランクフルトでデビューし、アジア圏には初お目見えとなりました・・・。

    現行Aクラスの時のようにコンセプトモデルが『メルセデスベンツコネクション』で展示してもらえると大変嬉しいんですが・・・!?

    ディティールを見る限り、かなりリアリティの高い仕上がりに”さすがはメルセデス!”と感心させられました・・・。

    イメージ 12

    ダイムラーグループの一員となった”FUSO”・・・ブースも”メルセデスベンツ”と隣接していました・・・。

    イメージ 13

    今回は『Vision One』に『e-CANTER』という”電気商用車ブランド”を全面に押し出した展示をしていたのが印象に残りました・・・。

    イメージ 14
    イメージ 18

    『Vision One』の傍らでポージングする「FUSO LADY」・・・自分が在籍していた時には、コンパニオンはおらず男性説明員だけでした・・・!?

    イメージ 19

    『e-CANTER』・・・外観は現行のトラックと変わりませんが、側面の荷台下にガソリンタンクならぬ大きなバッテリーを搭載し、航続可能距離100kmを可能にし大手配送会社への納入も決定しているそうです・・・。

    イメージ 20

    大型観光バス『AERO QUEEN』の前では、バスの運転手が被る帽子を被って記念撮影していました・・・すっかり此方を父親だと思って目線を・・・しかしお子さんは本当のお父さんの方を向いていました・・・!?

    イメージ 21

    大型トラック『SUPER GREAT』に移動したので再び・・・。

    イメージ 22

    「あれ?さっきあの子のお父さんじゃなかったの・・・??」と言わんばかりの吃驚した表情頂きました・・・。

    イメージ 23
    イメージ 24

    カメラを構えると45°斜めにポージング!?・・・しかし素敵な女性でした・・・


    イメージ 25

    今回のテーマは「LIGHT UP TOMORROW」・・・在籍時代の知り合いに逢うことができませんでしたが”電気商用車ブランド”のリーダーして、日本いや世界の電気商用車のパイオニアとして、リードしていって欲しいと思いました・・・。
    ̾¼֡¦\¯\饷\å¯\«¡¼ - ¼֥֥���¼¤ˤۤó\֥���¼ ¼֥֥��� \á\륻\ǥ¹¡¦\٥ó\ĤØ
    よろしければ、上記のバナーを ポチッ! ポチッ!とお願い致します。

    0 0

    イメージ 1

    日曜日の”第60回モーニングクルーズ 『平成ABCトリオ』”の模様をお伝えさせて頂きます・・・。

    会場入りした7:15頃はご覧のように、右サイドに”AZ-1"、左に”BEAT"という形で10台以上のテーマ車が並んでいました・・・。

    まず最初は”A”の”AZ-1"を見て行きましょう!

    イメージ 4

    こちらは逆サイドから・・・そんな6台の”AZ-1"の中から自分が選んだのは・・・!?

    イメージ 6

    ”ノーマル”に近い此方の個体でした・・・軽なのに”ガルウイングドア”という当時の開発陣の勢いを強く感じます・・・。

    イメージ 7

    デザインは外国人デザイナーのアイデアをスケッチを”MAZDA"で細部を煮詰めたそうで、各部のディティールは国産離れした形状をしています・・・。

    イメージ 8

    ”コーダトロンカ”でばっさり切ったリヤエンドに、丸型4灯テールレンズは”FERRARI”の”F550マラネロ”を彷彿させるデザインです・・・。

    イメージ 2

    続いて”B”の”BEAT"は8台・・・最終的に2台追加され合計10台のエントリーは一番多かったようです・・・。

    イメージ 3

    色は赤と黄色の”紅葉カラー”が多かったですが、シルバーやダークグリーンといった希少色も参加されていました・・・。

    イメージ 9
    イメージ 10

    赤と黄色で1台ずつ取り上げてみましたが、やっぱりノーマルの個体に惹かれてしまいます・・・。”ピニンファリーナ”のオリジナルデザインの良さは、25年以上経った今も素晴らしいアピアランスを放っていました・・・。

    イメージ 5

    最後の”C"・・・”CAPPUCCINO"はなんと2台・・・!?自分の感覚ではまだまだ結構残っているので、もうちょっと参加する思っていました・・・。

    イメージ 11

    赤のこちらの個体はエアロパーツも装着されとてもキマっていました・・・。

    イメージ 12

    リアエンドに至るまで量感たっぷりのボディデザインは、最近のクルマにはない凝った造形となっていました・・・。

    イメージ 14

    デザインは社内で、アイデアスケッチの段階から”フロントミッドシップスポーツ”として意欲的なアイデアが出されていました・・・。

    イメージ 13

    最後はブルーメタリックの1台・・・タイヤ&ホイールも含め、よく纏まった1台だと思いました・・・。

    イメージ 15

    その他、会場で気になったクルマは”アストンマーティン DB11”・・・。

    イメージ 16

    ”DB9”までの黄金比は少し崩れてしまいましたが、魅せる1台だと思います・・・。

    しかし、今回会場の外で一大事が・・・!?

    イメージ 17

    何と”FERRARI 250 LM”・・・一瞬フェイクかと思いましたが、一緒に居た方が最近輸入されたばかりの本物だと教えてくれました・・・。

    その後、会場入りされるのかと皆さん首を長くして待っていましたが、そのまま走り去って行ってしまいました・・・。

    都内で”早朝ロケ”をされていたようで、とても嬉しいハプニングでした・・・。
    ̾¼֡¦\¯\饷\å¯\«¡¼ - ¼֥֥���¼¤ˤۤó\֥���¼ ¼֥֥��� \á\륻\ǥ¹¡¦\٥ó\ĤØ
    よろしければ、上記のバナーを ポチッ! ポチッ!とお願い致します

    0 0

    イメージ 1

    天王州・BONDストリート”で開催された『Classic Car Canal Gallery in Tennoz』第二弾は”FIAT 8V(1954)”からお伝えさせて頂きます・・・。

    イメージ 2

    予告編で国内に存在しているのは知っていましたが、明るいところに出てその綺麗なブラウンのボディカラーに圧倒されてしまいました・・・!?

    イメージ 3

    このユニークなフロントマスク、デザインは”Luigi Rapi”とあの”ダンテ・ジアコーザ”によるものです・・・。

    イメージ 4
    イメージ 5
    イメージ 6

    イメージ 7

    戦後復興し、V8エンジンを搭載したスーパースポーツとして開発され、ボディの製作はピニンファリーナに委託する予定でしたが、やっぱりFIATだからなのか?最終的には内製とされることになりました・・・。


    イメージ 9
    イメージ 10

    サイドビューの美しさは格別で”チシタリア202SC”を彷彿させる流麗なボディラインは今回出展されていた中で、一番の美しさでした・・・。

    イメージ 8
    イメージ 11

    インテリアも大変手の込んだ造りとなっていて、ドアを開けると濃密な香りが此方にも漂ってきました・・・。

    イメージ 12

    FIAT 8V ZAGATO (1952)は”ZAGATO"デザインの特別な1台です・・・。

    イメージ 13
    イメージ 14

    現在のオーナーは”VITAGE LOVERS”のS様・・・。
    以前、6年前にみなとみらいで拝見した時は巨匠がドライブされていました・・・。
    https://blogs.yahoo.co.jp/nagaaki1230/64482696.html

    イメージ 15

    リヤガラスに浮いた感じのように取り付けられている”V8”のエンブレム・・・。

    イメージ 16

    FIAT 1100TV PININFARINA (1954)・・・。

    イメージ 17
    イメージ 18

    この個体は”ASIのプレート”も付属しており、本国 イタリアの復刻版 ミッレ・ミリアに出走した事もある、更にFIVAのIDも発給されているので、このままイタリア本国のミッレミリアにエントリーすることも可能とのことです・・・。

    イメージ 19

    OSCA MT 4(1953)・・・。

    イメージ 20

    ミッレミリア仕様のナンバーが素敵でした・・・。

    イメージ 21

    イタリアンバルケッタの醍醐味といえば”バックシャン”・・・今回も早い時間にじっくり腰を据えて撮影させてもらいました・・・。

    イメージ 22
    イメージ 23

    どちらから見ても絶景・・・官能的なボディの膨らみはイタリア人ならではの感性にしかできないボディワークだと思います・・・。

    イメージ 24
    イメージ 25

    STANGUELLINI 1100 S (1947)は”ラ・フェスタ・ミッレミリア”にも、毎年エントリーされる”S様”のおクルマでした・・・。

    次回は”ミッドセンチュリーの世界の名車”が登場します・・・。
    ̾¼֡¦\¯\饷\å¯\«¡¼ - ¼֥֥���¼¤ˤۤó\֥���¼ ¼֥֥��� \á\륻\ǥ¹¡¦\٥ó\ĤØ
    よろしければ、上記のバナーを ポチッ! ポチッ!とお願い致します。

    0 0

    イメージ 1

    秋のイベントラッシュですっかり”ブルメデ”が登場していなかったので、近況報告も兼ねて”いちょうロケ”の模様をお伝えします・・・。

    毎年紅葉するタイミングを見計らっていちょう並木に来るようにしているのですが、今年も期待と不安の中訪れると丁度いいタイミングだったようです・・・。

    イメージ 2

    既に散って”ゴールデンカーペット”になっているところもあれば、まだ若干緑色の木もあったり、もう少しい”ちょうロケ”が出来そうでした・・・。

    イメージ 3

    今年ハマっている”ボディへの映り込みショット”今回もイメージ通りのショットが撮れました・・・。

    イメージ 4

    いちょうロケをしている人の邪魔にならないように、適当に間合いを取りながら撮影していたら、前に1台入られてしまいました・・・

    イメージ 5

    ”R107SL”のオーナーが乗り込まれたので”発進する前に!”にと、慌てて”ブルメデ”越しに”置きピンショット”を撮らせてもらいました・・・。

    イメージ 6

    ”#904・ダークブルーの500SL”・・・隅々まで手入れの行き届いた”素晴らしい佇まい”でした・・・。

    イメージ 7

    最近交換されたのでしょうか? 新品のような”リアマフラー”に思わず視線が行ってしまいました・・・!?

    イメージ 8

    毎年何かドラマチックな情景となる”神宮外苑のいちょう並木ロケ”・・・今年「2台のブル~の角目メルセデス」の競演となりました・・・。

    もしチャンスがあれば、日の出前の電車が動いていない時間にもう一度来たいと思います・・・。
    ̾¼֡¦\¯\饷\å¯\«¡¼ - ¼֥֥���¼¤ˤۤó\֥���¼ ¼֥֥��� \á\륻\ǥ¹¡¦\٥ó\ĤØ
    よろしければ、上記のバナーを ポチッ! ポチッ!とお願い致します

    0 0
  • 11/16/17--05:08: ~秋深まる~
  • イメージ 1

    今日は甲府市で”初霜”を観測したそうです・・・。
    毎朝乗る”スーパーあずさ1号”の車窓からも、周りの山々の鮮やかな紅葉が毎朝のモチーベーションアップに貢献してくれる季節となってきました・・・。

    午後から出かけた韮崎市の現場・・・この近辺は夏休みに訪れた”クワガタの三大産地”・・・雑木林は丁度紅葉の見頃を迎えてきたようで、これから甲府盆地の平地でも鮮やかな紅葉を楽しむことができそうです・・・。

    また来週も深まる秋の紅葉の情景をお届けさせて頂きます・・・。
    ̾¼֡¦\¯\饷\å¯\«¡¼ - ¼֥֥���¼¤ˤۤó\֥���¼ ¼֥֥��� \á\륻\ǥ¹¡¦\٥ó\ĤØ
    よろしければ、上記のバナーを ポチッ! ポチッ!とお願い致します

    0 0

    イメージ 1

    『東京モーターショー2017』”メルセデスベンツ”を紹介したので、続いては同じドイツのシュトゥッガルトのスポーツカーメーカー”ポルシェ”から紹介させて頂きます・・・。

    イメージ 2

    このブースも凄い人だかりでなかなか思い通りのポジションに移動するだけで、結構時間がかかってしまいました・・・

    イメージ 3

    ”ポルシェ911GT3”のグラマラスなボディと比較すると、クルマの方がグラマラスに見えてしまう程、素晴らしいプロポーションの”ポルシェレディ”でした・・・。

    イメージ 4

    時間を置いて再び”911ブース”に来ると、また凄い人だかりができていました・・・。
    ”ポルシェ911 GT3”なのか?”ポルシェレディ”目当てなのか?・・・ブースは凄い人で、整理スタッフが「柵に触れないようにして下さい!」と注意する程、殺気立った雰囲気でした・・・。

    イメージ 5

    先程のように”ポルシェレディ”が”赤いGT3”のところへ来るのかと思っていましたが、来る気配がないので、自分から動いて”最前線”へ突撃しました・・・

    イメージ 6

    今回は動画撮影している方が多かったので、最前列まで行くのに時間がかかってしまいましたが、辛抱に辛抱を重ねてようやく最前列で撮影することができました・・・。

    イメージ 7
    イメージ 8

    そこで”ポルシェレディ”の”全方位ロケ”をすることができました・・・。
    此方もクルマの方がグラマラスに見える位の”スレンダー美人”でした・・・。

    イメージ 9

    展示車の中で気になったのが”ドイツ本国・ポルシェミュージアム”から、やって来た”356 Speedster"です・・・。

    イメージ 10

    現行モデルとは違う格別な”ヒストリックなアピアランス”を放っていました・・・。

    イメージ 11

    続いて”VWブース”からはジャパンプレミアとなるゴールドの新車”アルテオン Rライン”・・・。

    イメージ 12

    こちらの”VWレディ”は”アルテオン”の量感あるボディラインとマッチしていると思いました・・・。

    イメージ 13

    ”VWレディ”・・・右腕にタトゥシールで貼られている”QRコード”を間近で”スキャン”してみたかったです・・・

    イメージ 14

    ”AUDI”では”ジャパンプレミア”となった”A8 L”・・・綺麗なブル~メタリックのボディカラーが印象に残りました・・・。

    イメージ 15

    最近知ったのですが”自動運転レベル3”を実現しているそうで、今後他メーカーがどのように追随してゆくのか感心があります・・・。

    イメージ 16

    ”BMW”ブースでは”The BMW Concept 8 Series”・・・凄い人だかりで、この1ショットしか撮影できませんでした・・・。

    イメージ 21

    ”BMW”市販車ブースにはシックなブラックなコスチュームの”BMWレディ”・・・。

    イメージ 17

    ”The Concept Z4”はマットカラーだったんですね~!?

    イメージ 20

    ”Xシリーズ”の傍らに立っていた”BMWレディ”はアースコンシャスなコスチュームを着用されていました・・・。

    イメージ 19

    ”アルピナ”ブースには、ALPINAカラーの展示車が綺麗に配置されていました・・・。

    イメージ 18

    ”ALPINAブルーが綺麗だった”D5 S Bi-Turbo Limousine Allrad”はジャパンプレミアでした・・・。

    ドイツ勢の紹介が終わりましたので、次は他の国の車、国産車を随時紹介したいと思います・・・。

    さて、今晩は”バクハイ会議”が横浜で開催されますので、出席してきます・・・
    ̾¼֡¦\¯\饷\å¯\«¡¼ - ¼֥֥���¼¤ˤۤó\֥���¼ ¼֥֥��� \á\륻\ǥ¹¡¦\٥ó\ĤØ
    よろしければ、上記のバナーを ポチッ! ポチッ!とお願い致します。

    0 0

    イメージ 1

    昨夜は毎月恒例のバクハイ会議に出席してきました・・・。

    一日休暇を取り、日中は家族サービス・・・万全の体制で横浜へ向かいました・・・。

    イメージ 2

    今回は自分の他に”テルさん”も休暇を取られたそうで、6時半過ぎには全員揃い「バクハ~イ」で乾杯・・・今回は色が統一されていますね・・・(爆)

    イメージ 3

    ”一軒め酒場”で一番高価といわれる”鯵フライ”・・・圧倒されるほどの身の厚み・・・揚げたてのアツアツ&噛むとジューシーで、とても美味しかったです・・・。

    イメージ 4

    前回、大ヒットした”水餃子”・・・今回も潤沢な繰越金のお陰で、それぞれ2つずつオーダーしちゃましました・・・。

    主な議題

    【カタカタ校長先生】
    ・12/16(土)餅つきの参加者数を教えて下さい・・・。(用意するお米の量の関係)
    ・117のオフ会参加
    ・柿の木の手入れ・・・(実がよくつくようにするには、収穫後に新枝を切っておく)
     早速、江古田の実家の柿もぎに行った時に実践してみます・・・。

    イメージ 7

    【ハマさん】
    ・220Rのホイール塗装したい!
    → 最近2液式の缶スプレーが出たので、個人で塗れるようになったそうです。

    【テルさん】
    ・久々にビートに乗ったら、シフトに違和感あり・・・?
    → 息子さんが乗った後に乗ったら、シフトのフィーリングが変わったそうです。

    【SS早朝】
    ・W202のスタッドレスタイヤを1円入札中
    → ○フオク出品中の上記4本セットを1円で入札していて、即決価格が128,000円と聞いて一同吃驚・・・!? 
    ☆結局ハマさん所蔵の4本セットを譲渡することで決着しました・・・(バクハイコネクションの成せる技ですね!?)

    W202(W210)の”8穴ホイールは、実は”W124”よりも塗装や仕上げがよくなっているそうです・・・上の写真は”W210”用のホイールを履いているブルメデの写真です・・・。

    イメージ 8

    ・「いすゞのGエンジンに乗りたい!」そうで、来月のバクハイ餅つき大会の時に、”117クーペ”に乗せて欲しいと懇願されていました・・・(笑)
    ☆自分も運転してみたいです!

    イメージ 6

    【ブルメデ】
    ・「山梨に別荘が欲しい!」では、何と”ハマさん”木更津に別荘を持っていることをカミングアウト・・・たまに”W124”が何台か集まって怪しい会合をやっている、春になると”筍狩り”ができる等々・・・(大笑)

    イメージ 9

    SS曹長からクルマから大きく脱線して”競馬”の話題に・・・最近デビューして、毎週スポーツ新聞と赤えんぴつで予想されているそうです・・・!?

    バクハイ会議も来年は大井競馬場で開催をとありましたが、冬の間は”トゥインクルレース”は開催していないようです・・・。

    掛け方は最初から最後まで”1・2・4”の”三連単”・・・しかも1日の掛け金の上限はバクハイ会議と同じ2000円設定とする・・・もし勝ったら、銀座の老舗キャバレー『白いばらの閉店前に行こう!』だそうです(大笑)

    イメージ 5

    これは最後の〆に頼んだ一品、何故かクルマのホイールに見えてきてしまいました・・・。

    今年最後の横浜での会議・・・大いに盛り上がりました・・・
    ̾¼֡¦\¯\饷\å¯\«¡¼ - ¼֥֥���¼¤ˤۤó\֥���¼ ¼֥֥��� \á\륻\ǥ¹¡¦\٥ó\ĤØ
    よろしければ、上記のバナーを ポチッ! ポチッ!とお願い致します

    0 0

    イメージ 1

    『Classic Car Canal Gallery in Tennoz』の会場の”BONDストリート”・・・建物の壁に装飾パネルが飾られ、珠玉の名車との競演が随所で見ることができました・・・。

    さすが”cccj”と思わせる素晴らしいロケーションでのイベント、此方もまだ前半しか紹介していなかったので、後半も画像編集次第紹介させて頂きます・・・。
    ̾¼֡¦\¯\饷\å¯\«¡¼ - ¼֥֥���¼¤ˤۤó\֥���¼ ¼֥֥��� \á\륻\ǥ¹¡¦\٥ó\ĤØ
    よろしければ、上記のバナーを ポチッ! ポチッ!とお願い致します