Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Channel Catalog


Channel Description:

1993年式のメルセデスベンツ『W124』220Eリミテッド(350台限定)ノーティカブルーの”ブルメデ(BLUE MERCEDES)”と過ごす日常的な日々と、クルマ関係のイベント(ヒストリックカー&スーパーカー)・自動車趣味を写真中心で紹介するブログです。 また自然溢れる町田で家族を暮らす日々、ちょっとしたグルメ情報、日頃クルマの整備でお世話になっている”アシストさん”の記事も紹介していきます。 *コメントの代わりに「ナイスポチ」で皆様を応援させて頂いておりますので、何卒ご理解の程お願い致しますm(__)m
    0 0

    イメージ 1

    昨日の朝の”モーニングクルーズ『国産ヤングタイマー』の模様をダイジェストでお伝えさせていただきます・・・。

    会場付近に到着したのが6時半・・・行列が出来ているかと思いきや、開場が早まったようで、すでに会場内にエントリー車たちが集まり始めていました・・・。

    イメージ 2

    今回の一番乗りは”W124乗り”でもある”Sさん”の”ユーノスロードスター”でした・・・。”W124”同様に素晴らしいコンディションを維持されていました・・・。

    イメージ 3

    もう1台、真っ赤なロードスターは詳細版でお伝えしますが、細部まで手の入った究極の1台でした・・・。

    イメージ 9

    今回の”キョウイチ!は”初代シーマ(グロリア)”新車からのワンオーナーと思われる二桁ナンバーを始め、渋いカラーもあってギャラリーたちの熱い視線を集めていました・・・。

    イメージ 4

    昨年のイベントからあちこちの会場で見かけるようになった”初代プレリュード”と”S124乗り”の”Kさん”がお持ちだった”初代アコ-ド”・・・此方も大変希少な光景で、ギャラリーたちの熱い視線を集めていました・・・。

    イメージ 10

    ”AE-86"と”AE-92"の並び・・・どちらも十代から二十代に乗せてもらったことがあり、そんな昔の情景がフラッシュバックしてしまいました・・・!?

    イメージ 5

    真っ赤な”流面体セリカ”・・・「凍ってるね!?」というフレーズが出てきそうな、キャリアも”CARMATE”という当時のまま仕様でした・・・。

    イメージ 6

    此方も大変希少な”GT-Rオーテックバージョン 40th ANNIVERSARY”・・・。

    イメージ 7

    これまた超希少の”インプレッサWRC98”・・・実際に競技にエントリーしていたマシンそのものというから驚きです・・・!?

    イメージ 8

    三菱では唯一のエントリーとなった”デボネアAMG"・・・現役時代は”ギャランAMG”の方が好きでしたが、今となってはこのインパクトはメガトン級ですね・・・!?

    イメージ 11

    ”国産ヤングタイマー”以外で、会場内で目立っていたのは”2台のアルピーヌ”・・・今年後半には”新型A110"との競演も見れるのでしょうか・・・!?

    イメージ 12

    そして3台の”トミーカイラZZ”・・・初代のボディーデザインは、母校の大先輩”由良拓也”さんがデザインされたそうです・・・。

    イメージ 13

    それは2/12(月)まで代官山蔦屋書店で「トミーカイラ・ポップアップイベント」が開催されていたからのようです・・・。


    詳細版は追ってお伝えさせていただきます。
    ̾¼֡¦\¯\饷\å¯\«¡¼ - ¼֥֥���¼¤ˤۤó\֥���¼ ¼֥֥��� \á\륻\ǥ¹¡¦\٥ó\ĤØ
    よろしければ、上記のバナーを ポチッ! ポチッ!とお願い致します。

    0 0

    イメージ 1

    この三連休・・・久々にイベントに出かけた中で、どうしても自分の目で見たかったのが、代官山「Podium Car Life Concierge 」(旧・オートバックス中目黒店)に展示されていた”TOYOTA2000GT"でした・・・。

    詳細は別途お伝えするしますが、以前から気になっていたので”モーニングクルーズ”とハシゴで行ってみたいという夢が実現しました・・・。

    しかも久々の”名車ロケ”で”感動センサー”の針がレヴリミットに入る中、オーナー様の粋な計らいで素晴らしいロケをすることができました・・・。

    オートバックスのゴールド会員の方だと、コクピットに座ることもできるサービスもやっているそうなので、チェックしてみて下さい・・・。

    新しいエンスーポイントを発見しちゃいました・・・(嬉)
    ̾¼֡¦\¯\饷\å¯\«¡¼ - ¼֥֥���¼¤ˤۤó\֥���¼ ¼֥֥��� \á\륻\ǥ¹¡¦\٥ó\ĤØ
    よろしければ、上記のバナーを ポチッ! ポチッ!とお願い致します。

    0 0

    イメージ 1

    ”モーニングクルーズ『国産ヤングタイマー』の詳細模様をお伝えさせていただきます・・・。

    もう入ってくるなり”バブル時代”にタイムスリップしたかのような衝撃を受けた”初代シーマ”・・・二桁ナンバーのオリジナルコンディションを維持してきた素晴らしい個体でした・・・。

    イメージ 2
    イメージ 3

    停まっている時の佇まいもシャキッとして、ボンネットマスコットもご覧のように大変凝った造りになっていました・・・。

    写真は失敗してしまいましたが、ドアミラーには専用ワイパーが装着されていました・・・!?

    イメージ 4

    此方のセリカも時節柄ぴったりのクルマで、親子での参加でした・・・。

    イメージ 40

    映画「私をスキーに連れてって」の名シーン「凍ってるね!?」・・・。

    イメージ 41

    当時は映画の大ヒットの影響もあって、劇中のセリカと同じ仕様のクルマが出回りました・・・。

    イメージ 5

    当時の高性能車の証・・・”GT-FOUR”はラリーシーンでも大活躍しました・・・。

    イメージ 19

    当時のCMのキャッチコピーは「流面形、発見さる」の通り、次に登場する先代とはガラっとイメージが大きく変わりました・・・。

    イメージ 6

    先代となる”A60"・・・デザインはアメリカの”CALTYデザインスタジオ"が担当しましたが、直線基調のウェッジシェイプはまだ導入したばかりの”CAD”によるものでした・・・。

    イメージ 7

    手が切れそうな位の角ばったボディ・・・オーナーは何とか女性でした・・・!?

    イメージ 8

    最近見かけることが少なくなった”JZ30系ソアラ”・・・”レクサスSC”として、輸出され1992年には”モータートレード誌”の「インポートカー・オブ・イヤー」にも選出されました・・・。

    イメージ 9

    これ何だっけ・・・??久しく見ていなかったので、車名がなかなか出て来なかった・・・。

    イメージ 10

    セリカの姉妹車としてデビューした”カレン”1994年~1998年の一代限りの生産にnなってしまました・・・。

    イメージ 11

    日産では”R32 GT-R”・・・最近ますます人気が出てきているようですね!?此方の個体は”R34用"のホイールを履いていました・・・。

    イメージ 12

    ダイジェストにも登場した”R33 GT-R オーテックバージョン 40th ANNIVERSARY”・・・そういえばパトカーにも採用されていましたよね~!?

    イメージ 13

    ”R33 GT-R”2台の並び・・・。

    イメージ 35

    ”R34 GT-R越しのR32 GT-R”・・・。

    イメージ 14

    初代”マーチR”・・・競技車両ベースということもあり、740kgしかないボディにターボ+スーパーチャージャー付きという”モンスター級”のエンジンを搭載しています・・・。

    イメージ 15
    イメージ 16

    ノーマルでは見かける機会がめっきり減った”240SX(180SXの輸出版)”今見ても破綻のない素晴らしいボディーデザインだと思います・・・。

    イメージ 17
    イメージ 18

    そして”ユーノスロードスター”究極の1台がこちら・・・”ワイパー”がないのは、雨の日には絶対乗らない!だからだそうで、他にも拘りポイント満載の新車以来27年ワンオーナーの個体でした・・・。

    イメージ 20

    ご覧下さい!このピカピカのエンジンルーム・・・「ロードスターの官房長官」と呼ばせてもらいます・・・(笑)

    イメージ 21

    ウッドフレームのミラーに写っているのは”クリアのアンダーコート”・・・もうここまで来ると脱帽ものです・・・。

    イメージ 22
    イメージ 23

    この頃のマツダのデザインもとってもエモーショナルな面構成で、今見ても美しいと思います・・・。

    イメージ 24

    ”スバル・インプレッサ WRC98”の存在感も格別でした・・・。

    イメージ 25

    一見、市販車2ドア版と思ったら大間違い・・・!?

    イメージ 26

    もとは”ワークスマシン”のタイヤテスト用として、世界のラリーシーンでも活躍したマシンそのものなので、まさか”モーニングクルーズ”で見れるとは思ってもみませんでした・・・!?

    イメージ 27

    圧巻なのは”サイドブレーキ”が2本、1本はドリフト用でしょうか・・・!?

    イメージ 28

    ”Kさん”が昨年購入された”XV・USver”・・・綺麗なブル~メタリックとウインカーやフォグランプが国内仕様とは異なっているようです・・・。

    イメージ 29

    ホンダでは渋いブラックの”NSX”・・・。

    イメージ 30

    そして”真っ赤なビート”と・・・。

    イメージ 31

    1970年代後半に登場したスペシャリティーカー”プレリュード”と・・・。

    イメージ 32

    1976年に登場した”ホンダ・アコ-ド”・・・1981年の”USモデル”の後期型でした・・・。

    イメージ 33

    同じ年代の鼻先を捉えたショット・・・今のクルマとは比べ物にならない位手の込んだデザイン・・・細かなメッキモールが付いてたり、とても贅沢な造りになっていました・・・。

    イメージ 34

    最後は”トヨタ・スポーツ800”・・・通称”ヨタハチ”綺麗なブル~メタリックのこの個体は初めて見ました・・・。

    イメージ 36

    ちょうど帰り際の旧山手通りで帰り支度をしているところに、帰られるところだったので、再びカメラを構えて”流し撮り体制”を取りました・・・。

    イメージ 37
    イメージ 38
    イメージ 39

    今年初となる”流し撮り”は上手く撮れました・・・暖かな春の陽ざしを浴びながら走り去ってゆく情景に、思わずノスタジックな気分になってしまいました・・・。

    イメージ 42
    イメージ 43

    ”代官山蔦屋蔦屋書店・クルマバイクコーナー”では、今週末横浜で開催される”Nostargic 2days"のプロモーションで”箱スカGT-R”が展示してありました・・・。

    上記のイベントも行ってみたいんですが、ちょっと難しそうな感じです・・・
    ̾¼֡¦\¯\饷\å¯\«¡¼ - ¼֥֥���¼¤ˤۤó\֥���¼ ¼֥֥��� \á\륻\ǥ¹¡¦\٥ó\ĤØ
    よろしければ、上記のバナーを ポチッ! ポチッ!とお願い致します。

    0 0

    イメージ 1

    今回の”モーニングクルーズ”現地に6時半に到着したので、いつものように”旧山手通り”で”流し撮りロケ”を敢行しました・・・。

    前夜の雨の影響なのか?寒いからなのか、入場した後は来場するクルマも極端に少なく、やっと撮影したのは”ルノー・アヴァンタイム”からでした・・・。

    イメージ 2

    走っている姿は初めてなので、渾身の構えで連写させてもらった”デロリアン”・・・。

    イメージ 3
    イメージ 4
    イメージ 5

    今回はフロントエンブレムは”ISUZU"ではなく”DMC”でした・・・。

    イメージ 6

    ガルウィングドアを開けた状態だと、ちびっ子をはじめすぐに人だかりができる中、ちょっと隙をついてのシャッターチャンスを逃さずパチリッ!

    イメージ 7

    ご覧ください!このステンレスの地肌・・・本当にジウジアーロはいい仕事したと思います・・・。

    イメージ 8

    変わって”アルピーヌA110”・・・。

    イメージ 9

    対照的に真っ赤なアルピーヌシリーズの元祖”A106"・・・。

    イメージ 10

    ”A110”のこのフロント部分は大好きなデザインです・・・”フレンチブル~とSTIブル~”の競演・・・自分好みなのはフレンチですね・・・!?

    イメージ 11

    2台とも”RR”ですが、リアのフードの形状は全く違いました・・・。

    イメージ 12

    そして”W124 280E”何度かお見かけするのですが、今回もオーナー様の姿を見つけることができませんでした・・・。

    イメージ 13

    二桁ナンバーの個体で新車から愛情たっぷり降り注がれた素晴らしいコンディションを維持していらっしゃいました・・・。

    イメージ 14

    前回は旧山手通りで停まっている姿をキャッチした”W201 2.6”・・・このホイールにピン!と来られた方は相当”メルセデスマイスター度”の高い方です・・・

    イメージ 15

    パールグレーのボディカラーに橙色ウインカーがいいアクセントになっていました・・・。

    イメージ 16

    そして自分が今回気になったのが、フロントグラスに貼られていた”アルミテープ”・・・実は自分も持っていて長期在庫になっていたので、これを真似て貼ってみようと思います・・・。

    イメージ 17

    超久々に見た”ローバー800”・・・”初代ホンダ・レジェンド”がべースとなっている希少車でした・・・。

    イメージ 18

    最近は街中でも見かける機会が増えてきた”新型 レクサス LS”・・・会場に入ってきたときに放つアピアランスは物凄かったです・・・。

    イメージ 19

    意外だったのが、小さなお子さんが「レクサス!レクサス!」と歓声をあげていたことです・・・!?今のお子さんは「いつかはレクサス!」と刷り込まれいるようです・・・!?

    イメージ 20

    ”新型 レクサス LS”のデザインプロセスについては、後日改めて紹介する予定でおりますが、実車を間近で見ることができて良かったです・・・。
    ̾¼֡¦\¯\饷\å¯\«¡¼ - ¼֥֥���¼¤ˤۤó\֥���¼ ¼֥֥��� \á\륻\ǥ¹¡¦\٥ó\ĤØ
    よろしければ、上記のバナーを ポチッ! ポチッ!とお願い致します・・・

    0 0

    イメージ 1

    先週の連日の外出で食べたお昼ご飯の中で、下部温泉駅近くの”丸一食堂”で食べた”馬鹿(うまか)丼”を紹介させて頂きます・・・。

    山梨県内は都内のようにエリア毎にいくつか食べる候補の店が選べる訳にはいかず、先輩から「山梨のジビエを使った丼ぶり、一度は食べておいた方がいいよ!」と強く薦められたので、食べる決意を固め店に入りました・・・。

    イメージ 2

    決して「バカドン!」とオーダーされないように、黄色い目立つ文字でふりがながふられていました・・・(笑)

    イメージ 3

    店内の大きなテレビで平昌オリンピックの熱戦を観ていると「お待たせしました・・・。」と”馬鹿丼”が出てきました・・・。

    思っていたよりクセはなく、桜肉(馬)は”吉田うどん”でよく食べているし、鹿肉は少し歯ごたえがある位で、ペロッと食べられました・・・。

    地元県産のジビエを新鮮なうちに調理しているので安心できるし、高たんぱく低カロリーなので、ミドルエイジの食べ物としては好適ですね・・・!?

    イメージ 4

    丸一食堂さんのもう一つの名物が”金山そば”・・・近くの砂金採掘場で使っている器に盛られた蕎麦だそうです・・・(笑)

    イメージ 6
    イメージ 5

    食べ終わってクルマのところへ向かおうとすると、年季の入った杉板張りの壁が”ノスタルジック”な気分にさせる、ステーキレストランを発見しちゃいました・・・。

    次回はこちらの店で”甲州ワインビーフのハンバーグ”を食べたいと思います・・・。
    ̾¼֡¦\¯\饷\å¯\«¡¼ - ¼֥֥���¼¤ˤۤó\֥���¼ ¼֥֥��� \á\륻\ǥ¹¡¦\٥ó\ĤØ
    よろしければ、上記のバナーを ポチッ! ポチッ!とお願い致します。

    0 0

    イメージ 1

    先日お邪魔させて頂いた「Podium Car Life Concierge」での、”緑のTOYOTA2000GT”と、2月から展示即売がスタートした尊敬する自動車写真家”花岡弘明先生”の「クルマの曲線美×手漉き伊勢和紙」の作品展、そして屋外に展示してあった”Z432"の模様をお伝えします・・・。

    イメージ 2

    駐車場は立体駐車場で、ミラーが畳めない”ブルメデ”は店脇に停めさせてもらい、早速店内に入るとお目当ての”緑のTOYOTA2000GT"がドーンと目の前に現れました・・・。

    案の定、しっかりとガードバーが設置されており、最初は外側からロケをゆっくりをスタートすることにしました・・・。

    イメージ 3
    イメージ 4

    壁の模様と緑のボディカラーがよくマッチしていると思って接近して撮影したら・・・、1枚目のショットに自分が写り込んでいるではないですか~!?

    イメージ 5

    そして素晴らしいと思ったのは、お洒落なドライビングシューズを造る”NEGRONI”さんの、この緑のボディカラーに合わせたシューズが一緒に展示してあったことです・・・。 さすがは代官山!と思わせる演出にすっかり”感動センサー”の針がレヴリミットに達してしまいました・・・!?

    イメージ 6

    ここでカフェのスタッフの方に声を掛けると、「僕、Facebookやインスタグラムの写真を担当しているんですよ~♪」・・・「そうなんですか~!?実はその写真を見て感動して今日来たんですよ~!」と、少し熱い口調で応えながら、柵外し交渉をすると・・・写真の通り、交渉成立しました・・・(超嬉)

    イメージ 7

    一番気になった此方の緑のボディカラーは、残念ながらオリジナルではなく、リペイントされたそうですが、その他内外装共に日本に現存する個体の中ではピカイチの”ミントコンディション”とのことでした・・・。

    イメージ 16

    ボディカラーはこの色なのか?当時”セリカ”にも塗られていた色と仰られていました・・・。

    更にショップオーナー様のご厚意で、なんと・・・!?

    イメージ 8

    ドアを開けてコクピット内部を撮影させてもらうことができました・・・”ゴールド会員”の方なら座らせてもらうことができたようですが、もうこれだけで大満足でした・・・(超嬉)

    イメージ 10

    次に壁面に展示してあった”花岡弘明先生”の作品を拝見することにしました・・・。

    なんと、中野生まれで江古田にある日大芸術学部卒業とは、初めて知りました・・・!? しかも、自分が勤務していた三越で作品展を結構開かれていたとは、吃驚しました・・・!?

    イメージ 11

    一番気に入ったのは”300SL”・・・以前”ガレージルディ”で見せて頂いた時とは違うカットで、もしかしたら海外ロケのショットかもしれませんね・・・!?

    イメージ 12

    そして”橙色のカウンタック”・・・これは日本に現存するあの個体なので、日本で撮影されたものと思われます・・・。

    ”LEICA”で撮影されたキレのあるフォトを、綺麗な文様の”手漉き伊勢和紙”にプリントした今までにない斬新なアイデアで生まれた作品、一度本物を間近でご覧になることをオススメします・・・。

    イメージ 9

    他にも、上の写真の通り15種類の作品が壁一面に飾ってあり、”TOYOTA2000GT"の作品も2種類ありました・・・。

    イメージ 13

    何か久々に胸の奥からジーンと込み上げる位感動したので、外のベンチに座ってみると此方の”Z432"も撮らずにはいられない衝動に駆られてしまいました・・・!?

    イメージ 14

    此方もご覧のように申し分ない位の素晴らしいコンディションの個体でした・・・。

    イメージ 15

    こういった素晴らしいクルマのオーナー様とのコネクション・・・さすがは代官山!と思わせる羨まし過ぎる位の”TOYOTA2000GT"と”Z432"が同時に展示してあるのは、恐らく日本で”オートバックス代官山”さんくらいではないでしょうか・・・!?

    まさに”エンスー三昧”を十分に堪能することができました・・・。
    ̾¼֡¦\¯\饷\å¯\«¡¼ - ¼֥֥���¼¤ˤۤó\֥���¼ ¼֥֥��� \á\륻\ǥ¹¡¦\٥ó\ĤØ
    よろしければ、上記のバナーを ポチッ! ポチッ!とお願い致します。

    0 0

    イメージ 1

    昨夜は3か月ぶりの開催となった『バクハイ会議』に出席するため、横浜まで出かけてきました・・・。

    イメージ 2

    集まったのは、校長先生、ハマさん、タケさんと自分の4人で、全員揃ったところで「バクハ~イ!」で会議(宴)が始まりました・・・。

    イメージ 3

    フードメニューでは、ウインナーが”赤ウインナー”から”GERMANタイプ”へ変更となったようです・・・(笑)

    イメージ 4

    そしてボリューム満点の「男のハムカツ」・・・思わずアンコールしちゃいました・・・(笑)

    イメージ 5

    横浜ということで”シウマイ”も・・・(笑)

    イメージ 6

    主な議題
    【カタカタ校長先生】
    ・W124歴30年の中で”MB-TEX"の初期型のシートが一番出来がよかったそうです。
    → 初期型はご覧のようにウッドパネルがセンターコンソール部分にしか貼られていませんでした。
    ・降雪時専用の4WD軽トラの危機脱出の真相・・・。

    イメージ 8

    ・コスモスポーツの恐るべき高速安定性・・・!?

    イメージ 7

    ・開通間もない頃の東名高速道路
    → こんな感じで、夜真っ暗い雑木林を走っていくと突然インターチェンジの煌々とした照明が浮かび上がる様子は、まるで宇宙空間のように見えたそうです・・・。

    イメージ 9
    イメージ 10

    ・当時の高速道路に配備された”初代シルビア”のパトカー
    → 噂に聞いていましたが、

    イメージ 11
    イメージ 12

    ・ナローポルシェのパトカー
    → 930系は知ってましたが、ナローは知りませんでした・・・!?

    イメージ 13
    イメージ 14

    ・R107 SLとR129 SLの辛口比較
    → ロングセラーでモデル末期まで売上台数が減らなかった”R107 SL"から、”R129 SL"バトンタッチした当時のダイムラー事情、そして”SLモデルのあり方”について熱く語って頂きました・・・。

    ・今はなき”外車のヴィクトリア”はなんと、あの会社と同系列だった・・・!?
    ・騙されやすい世界の美女の出身国について・・・。
    ・牛タンが食べられない意外な理由・・・(笑)

    イメージ 20

    【ハマさん】
    ・オイルパンの磨き方について
    → ”W124磨き”でピカールをすでに2缶も使われたそうです・・・(笑)
    ・220R号の次の磨きたい箇所とか・・・!?
    → 恐らくその場所を磨いた人は世界中探してもいないのではないでしょうか・・・!?

    イメージ 17

    【タケさん】
    ・W124ボンネット浮きについて
    → 前期型だけの症状で後期型では発生しないそうです・・・!?
    ・秦野は盆地・・・!?
    → 先月の大雪の時もあまり積もらなかったそうです・・・!?
    ・アルファロメオ・ジュリアの堅牢な造りについて
    → 当時のアルファロメオはとても堅牢な造りになっていて、分厚いフロントガラスや堅牢なボディ構造について解説してもらいました・・・。

    イメージ 15

    ・ホテル千成の中華は復活したのか?
    → ご家族の印象では、まだまだとのことでした・・・。写真は以前ツーリングで行った時のもの、どれも絶品で美味しかったのですが・・・!?

    イメージ 16

    その美味しさのルーツは、かの”小平氏”が君津の新日鉄の製鉄工場を視察に来た時に遡るそうです・・・!?

    イメージ 18

    ・「GERMANCARS 道の駅キャラバン」に参加しよう!

    イメージ 19

    「最近イベントに参加していなかったので、今年は久しぶり参加しませんか?」とのことで、前回は座間以来の『ヤフーブログ隊』改め『チームバクハイ』でのエントリーを検討することとなりました・・・。

    【ブルメデ】
    ・足回りの異音について
    → スタビライザーブッシュからと思われる異音対策、春の温かい時期になったらブッシュを交換したいと思います・・・。
    ・オートサロン参加報告
    → 次回はコンサートの優先順位を下げたいと思います・・・(笑)

    共通テーマとして「W124は雪に強いか?」に対し、校長先生とタケさんは強い、ハマさんと自分は弱い?・・・1速発進の4気筒モデルは2速発進にすればよいのではないかと新たな発見ができました・・・。

    久しぶりの開催ということもあり、ホットな話題が次からと繰り出し笑い放しの楽しい3時間でした・・・
    ̾¼֡¦\¯\饷\å¯\«¡¼ - ¼֥֥���¼¤ˤۤó\֥���¼ ¼֥֥��� \á\륻\ǥ¹¡¦\٥ó\ĤØ
    よろしければ、上記のバナーを ポチッ! ポチッ!とお願い致します

    0 0

    イメージ 1

    先週、代官山で見かけた綺麗な碧色の”マセラティ・クアトロポルテ V6 evoluzione”を紹介させて頂きます・・・。

    イメージ 2
    イメージ 3

    このサイドビュー、そしてリヤのタイヤハウスから”マルチェロ・ガンディーニ”のデザインだと分かった方は、相当カーデザインに関心の高い方だと思います・・・。

    イメージ 4

    マーケットではその後の”奥山清行氏”デザインのモデルに注目が集まっているため、今が底値のような状況となっているのが実情です・・・。

    イメージ 5

    ウインドー越しに見るインテリアもとても濃密な空気が漂う素晴らしいデザインでした・・・。

    イメージ 6
    イメージ 7

    実は”マルチェロ・ガンディーニ”は、1970年代のこの”クアトロポルテ”のデザインも担当していました・・・。

    ”フラッグシップ”に相応しい堂々としたプロポーション・・・、細部まで繊細にデザインされたのですが、ほとんど知られていないレアな存在になってしまいました・・・。

    イメージ 8イメージ 9

    リヤのタイヤハウスの独特なカットは1970年代の”ストラトス・ゼロ”や”カウンタック”に使われたデザインでした・・・。

    イメージ 10

    1990年代デトマソ時代に”Chubasco"という”スポーツカーの開発を進めていましたが、結局実現せずに終わってしまいました・・・。

    イメージ 11
    イメージ 12

    これが”M G"・・・”マルチェロ・ガンディーニ”の直筆サインの入ったデザインスケッチになります・・・。

    イメージ 13

    エクステリアのみならずインテリアのスケッチも描いていました・・・。

    イメージ 14

    ”カタログフォト”・・・デザインスケッチ通りのリヤのタイヤハウス周りのデザインは忠実に再現されました・・・。

    イメージ 15

    インテリアはゴージャスというより”ファビュラス”な色香漂う感じに仕立て上げられました・・・。

    イメージ 16

    同じ時期に販売されたスポーツモデル”Shamal(シャマル)”は希少性もあって、既に値段が高騰してしまい、庶民には手の届かない雲の上の存在になってしまいました・・・。

    イメージ 18
    イメージ 17

    イタリアン・アズーロ”のボディカラーにすっかり魅せられてしまった1台・・・さすがは代官山と思える情景でした・・・。
    ̾¼֡¦\¯\饷\å¯\«¡¼ - ¼֥֥���¼¤ˤۤó\֥���¼ ¼֥֥��� \á\륻\ǥ¹¡¦\٥ó\ĤØ
    よろしければ、上記のバナーを ポチッ! ポチッ!とお願い致します

    0 0

    イメージ 1

    この週末は日中は春を感じる位温かったですね・・・!? 

    職場の先輩が奥さんからバレンタインでプレゼントでもらったという『七賢・春しぼり』・・・「とにかく美味いから飲んでみろしー!(甲州弁)」でまくしたてられたので、買って帰り昨夜角上魚類で買ってきた刺身を肴に飲んでみると・・・先輩の言う通り美味しかったです・・・♪

    昔はこの時期”MARTINI”のロゼとかを飲むと”春”を感じましたが、これからは『七賢・春しぼり』の桃色のラベルで春を感じることになりそうです・・・。

    南アルプス・甲斐駒ケ岳からの伏流水仕込み・・・ラベルのイメージからすると、甘いイメージなのですが、口当たりはよく、後味はしっかり辛い!ので、刺身や和食に合うと思います・・・。

    来月開催される”七賢の蔵開き”にも参加することになってしました・・・
    ̾¼֡¦\¯\饷\å¯\«¡¼ - ¼֥֥���¼¤ˤۤó\֥���¼ ¼֥֥��� \á\륻\ǥ¹¡¦\٥ó\ĤØ
    よろしければ、上記のバナーを ポチッ! ポチッ!とお願い致します。

    0 0
  • 02/18/18--13:30: 梅ロケ・2018
  • イメージ 1

    立春を過ぎ都内では梅が綺麗に咲いている中”鶴川村”では、まだ咲き始めたばかりという感じの中、今日外出している途中で綺麗に咲いている”紅梅”を見つけたので、家族を自宅で下した後にカメラを持って”梅ロケ”をしてきました・・・。

    イメージ 2

    まだ3~4分咲きというところでしょうか・・・!? この調子ならば、来週くらいまでロケできそうです・・・。

    イメージ 3

    前日のように風もなく春の陽だまりの中で構図を考えながらゆっくりとロケすることができました・・・。

    イメージ 4

    例年は1SHOTだった梅ロケ・・・今年は少し粘っていろんなアングルから撮影することができました・・・。

    次回は”河津桜”か”菜の花”になるでしょうか・・・!?
    ̾¼֡¦\¯\饷\å¯\«¡¼ - ¼֥֥���¼¤ˤۤó\֥���¼ ¼֥֥��� \á\륻\ǥ¹¡¦\٥ó\ĤØ
    よろしければ、上記のバナーを ポチッ! ポチッ!とお願い致します